有限会社 M:CLUB
代表取締役 根岸 正己







ヘナってなあに?
ナチュラルヘナとケミカルヘナ
短時間でよく染まるヘナの正体
インディゴの知識

ケミカルヘナとナチュラルヘナの
見分け方

インディアンハーブの効能
美容室でのヘナ事情
これだけは気をつけて白髪染

ご来店の際はこちらのページをご覧ください

運営責任者

〒371-0033
群馬県前橋市国領町2-20-3

(有)M:CLUB 根岸 正己
TEL 027ー212−2888

 


 これだけは気をつけて・・・家庭での白髪染

 「美容室で白髪を染めるとお金がかかる・・・」

 「自分で楽に染める方法があるのでこれで充分・・・」


 確かに確かに・・・
 半月も経てば根元から白いものが生えてきてしまい、そんなに髪の毛にお金は掛けられ
 ない・・・よく分かります。



 一口で「白髪染」といっても、いまいろんな方法があるのですね。
 少し前は

 ・白髪染 
 ・ヘアマニキュア
 ・白髪隠し(シャンプーしたら落ちてしまうもの)

 このくらいしかなかったのが、雑誌や新聞でみてても

 ・利尻昆布で白髪染
 ・銀イオンで白髪染
 ・シャンプーで染まるヘナ
 


 いろんな方法で白髪染をアプローチしていますが、基本的にはすべて化学的な染毛剤が
 なにか添加されて白髪が染まるわけで、昔とほとんど変わっていません。
 ただね、やっぱりいまの日本の人口状態を考えてみても”白髪対策” というのは大きな市
 場なわけで、それこそ大小のメーカーが参入してどうにか売ろうと努力しているわけです。

 考えてもお分かりになると思うのですが、昆布やヘナをシャンプーに配合して白髪が染まる
 ことはありません。
 あくまでも “昆布” や “ヘナ” は天然系(ナチュラル志向)の方向けの隠れ蓑であって、
 そのナチュラルな染毛剤が白髪を染めるわけではなく、それ以外の化学的な染毛剤が必
 ず配合されており、それはネットではなにも表記されておりません。

 例えば、ある商品の購入サイトでは次のような表記だけです。
 ・染毛剤の化学的な反応を利用していない商品です。
 ・パラフェニレンジアミンなどの酸化染料は使用しておりません。

 このことから想像すると、ヘアマニキュアの髪に吸着する色素をシャンプー剤に混ぜたものと
 考えられ、利尻昆布は単なるイメージのみの使用です。

 
 
 こうした商品の中で私はいちばん怖いと思うのは、「銀イオンで白髪を染めるタイプ」の商品
 です。
 このタイプの商品はいまかなり多く販売されており、手軽なことと発色が確実なことから人気
 が出ていると思うのですが、もしかしたら家庭向けだけでなく美容室などの製品にももう出
 回っているかもしれないと考えております。

 私のお客様で普通にカラーをしたら前回に緑がかった色に染まってしまった方がいらしたの
 です。
 そのお客様は、別の美容室で染めていて家で染めたことはないそうです。
 
 「なんでこんな色になっちゃうの・・・?」
 そう思い、調べはじめて、はじめて「銀イオンで染める方法」があることを知りました。

 他の方のサイトですが、コピペするのも失礼なのでリンクしておきますのでお読みになって下
 さい。 (こちらです)

 それ以外でも多くの警鐘サイトが存在しております。

 なにより私が触ったそのお客様の髪はギシギシで最悪。

 

 みなさ〜ん
 利尻昆布やヘナを配合しただけで髪が染まることは100%あり得ないのでだまされないで
 下さいね。