有限会社 M:CLUB
代表取締役 根岸 正己








ヘナってなあに?
ナチュラルヘナとケミカルヘナ
短時間でよく染まるヘナの正体
インディゴの知識

ケミカルヘナとナチュラルヘナの
見分け方

インディアンハーブの効能
美容室でのヘナ事情
これだけは気をつけて白髪染

ご来店の際はこちらのページをご覧ください

運営責任者

〒371-0033
群馬県前橋市国領町2-20-3

(有)M:CLUB 根岸 正己
TEL 027ー212−2888

 


 
  
ナチュラルへナ

 ナチュラルへナにはオレンジ色素成分(2−ヒドロキシナフトキノン)が含まれ、角質細胞は
 この色素を吸収します。
 髪、皮膚、爪は角質細胞が多く着色されます。
 これは薬品による色素定着とは関係なく、ほとんどアレルギー反応がありません。


  ケミカルヘナ

 ケミカルへナとは、ナチュラルへナに一般の毛染めに使われる酸化染料が配合されています。
 この酸化染料は石油から作られる化学合成物質で、そのためにケミカル(化学)へナと呼び、
 天然ヘナ100%のヘナと区別しております。
 


 さて、このケミカルヘナですが
 もちろん問題点も多くありますが、悪者扱いするには少し抵抗があります。
 
 その点を少し論じてみましょう。



 皆さんが美容室やご自宅で髪を染めるとします。
 そのときに使用するカラー剤には大きく分けて、つぎのタイプに分けられます。

 1. アルカリ、酸性カラー剤
 2. ヘアマニキュア カラーリンス

 多くの方は1.のアルカリカラーをお使いかと思います。
 要するにカラー剤を2液(過酸化水素水)で混ぜて使うものです。

 なぜカラー剤に、2液の過酸化水素水を使うかと申しますと、髪に色素を定着させるには酸化の
 手助けが必要だからです。

 じつは、この過酸化水素水が髪を傷める大きな元になっています。
 そして、ケミカルヘナではこの過酸化水素水は使用しておりません。

 ということは・・・
 そうなのですね

 ケミカルヘナには酸化染料という化学合成物質は含まれているのですが、過酸化水素水を使わな
 いために、髪を傷める要素が普通のカラー剤に比べて軽減されているといえます。

 では、ケミカルヘナの酸化染料はなにによって酸化されて発色しているのかと申しますと、過酸化
 バリウムや過ほう酸塩が水とおだやかな酸化反応を行って発色させています。

 それでもってケミカルヘナは、ナチュラルへナよりも発色が早く、またナチュラルへナがオレンジ色だ
 けなのに対して、イエローやブラウンなどいろいろな色味を作ることが可能です。
 
 ですから私の見解ですが、ケミカルヘナをケミカルヘナといいながら、その利点を伝えて了承の上で
 あるなら、ケミカルヘナは悪者ではないわけです。
 色もよく出て、それでいてこれまでのカラー剤よりアレルギーは少ないし、かぶれも少ないわけです。
 その上髪も傷みにくいとあれば、よいわけです。


 しかしヘナ製造者や輸入者の中には、うまく法律の穴をくぐってインチキなヘナを製造したり、販売
 したりする者もいることも事実なのです。

 その成分がピクラミン酸ナトリウムです。
 日本の法律では、ピクラミン酸ナトリウムをヘナに混入すること自体禁じられておりますが、ケミカル
 ヘナよりも刺激が少ないのですが、アレルギー反応の心配があり、日本で販売されているものの
 うち、ナチュラル表記で販売されている可能性があります。

 ナチュラルへナとうたいながら、発色がよいもの、また発色が早いものは、このような可能性が高いこ
 とを知っておくとよいでしょう。